ホテルについて

Let's Start

ホテルの歴史

阿里山ホテル《百年の歴史を元首ホテル》

台湾は標高が最も高い〜リゾートホテルのトップ

歴史館物語~阿里山ホテルの起源

阿里山に来たとき皆様の第一印象は日の出、雲海、森、鉄道、桜これら、しかし、阿里山地区には未知の古い建物や古蹟が隠されていることを知らない、その中阿里山ホテルは、この地域で最も有名な宿泊場所です。

阿里山ホテルは創業から今、既に百年以上を超えています、この百年の歴史の中、阿里山ホテルも木場の繁栄と衰退の変遷を目の当たりにしました。歴史に精通し、地元の文化を理解している人は、ホテル名は近代になってから付けられたことを知っています。阿里山ホテルの最初の名前は「阿里山クラブ」でした!

阿里山地域には、早くも1895年に原始的な檜林が数多く見られ、阿里山は木場として開発され、木場に伐採された後の輸送手段は、新しく建設された阿里山森林鉄道でした。該当鉄道は1912年に開通し、二万坪まで伐採を開始し、1914年に沼平まで延長され、これで阿里山森林鉄道の主幹線が全線開通しました。

歴史的な記録によると、阿里山地区のクラブとゲストハウスは色んな所に設置され、沼平から二万坪まで、最も高いのは玉山登山口まで、低い所は鉄道沿線全てあります、建設の当初の目的は、主に木場スタッフが移動して休憩できるようにすることです。

これらのクラブは、時代の変化により、長い歴史の川に徐々に姿を消し、その年から今への最大の延長は、今日の阿里山ホテルの前身である阿里山木場クラブです。このクラブが1912年に建設されたとき、交通の不便により、建築資材が手に入り難い、さらに、阿里山木場自体に生産豊富なヒノキやコノテガシワは、建築資材としての使用に非常に適しているため、地元の地域から直接材料が採取され、今日阿里山ホテルで最も有名な百年ヒノキ建物が作られました。

1965年、林務局は180万を費やしてゲストハウスを改修しました。当時のヒノキの木造の建物を残したままのほか、元の木場の独身寮が再建され、鉄筋コンクリートの建物が新しく建てられました。合計16室のスイートと日本式畳和室7室、名前も「阿里山ホテル」に変更。それ以来、阿里山ホテルの名前は正式に採用され、現在も使用されています。

About Us

成長物語

21世紀の観光の発展に対応して、交通部は「21世紀の台湾の観光発展のための新しい戦略」を策定しました。この戦略は、地元、生態、および3次元の質の高い観光環境の開発を戦略の主要軸とします。その後、行政院観光発展推進グループが引き続き推進し、嘉義県政府と観光局に大阿里山地区の景勝地資源調査・管理運営計画を指示し、並び交通省により2011年3月に国家級風景区の等級評価終えた後経営管理範囲を公告しました、阿里山国家風景区管理事務所が1990年7月23日に設立され、並び9月4日陳総統が来られ正式運用の号令によって始まりました。

阿里山ホテルは、8年前に公営企業からホテル経営コンサルタント会社(現在の名前は阿里山ホテル株式会社に変え)に委託し、運営と管理を引き継ぎました。ソフトウェアとハードウェアは刷新され、初期の経営とは異なるスタイルになっています。台湾で最も高いリゾートホテルと呼ばれています。

弊社は「公共建設における民間参加の促進に関する法律」第46条の規定に従い、2003年に民間機関としてROTとBOT方式を提案することにより、阿里山ホテルの建設と運営を申請するという構想を提出しました。 2003年12月12日林務局と正式に契約、林務局の民間投資によって建設される最初のBOTケース資格を取得し、現在の場所に最高のリゾートホテルを建設する契約を締結しました。当初の計画は110室に拡大され、貴重なヒノキの木を保護するために、設計は106室に変更されました、阿里山の全体的な繁栄を促進し、並び阿里山を再び台湾の観光のための最高の選択肢に押し上げることが期待されています。

Our Story
To top
0px
Alishan House