台湾で最も標高高い地方文化館

すべての阿里山の人々の心には、一つ自分の阿里山があります

1913年に誕生、広大な森の中に静かに立って、阿里山森林鉄道と木場の繁栄と末期を目撃しました。日本統治時代から、元は高官をおもてなすクラブ、後に招待所となり、今日の阿里山ホテルの歴史博物館に変わり、中には阿里山の古い世代の人々と豊かな伐採時代の思い出が満ちています。私達でその時代の文化と記憶に入りましょう

阿里山賓館1913舊事所自2018年成為「第14個嘉義縣地方文化館」,本館計畫每個月的第三個週六、日,免費開放給林務局所屬之導遊志工帶領旅客參觀園區內各古蹟及歷史建築。其餘日期則比照本所收費辦法收費。

收費標準:

每人200元(含50元餐飲抵用券),團體另有優惠。

七階-展示エリア

広々とした空間、快適なソファ、レトロな雰囲気、まるでタイムトンネルに足を踏み入れたかのように、ここはあなたにぴったりの選択となるでしょう。
※ワイヤレスネットワーク(WIFI)の使用は無料です※

1913旧事務所

懐古、昔を懐かしむほどのノスタルジック、この土地に属する魂の所在地

歴史館の物語~ 716号室

この部屋は、日本統治時代の総督などの高官の部屋内部レイアウトを示しています。また、ホテルに保存されている伝統的な和風スタイルの唯一の部屋です。部屋には、日本の畳が敷かれ、ベッドの上にお茶を作るための小テーブルがあります。

より詳しい情報
Facilities

懐かしいカウンター

日本の統治時代の初めから、ここは接待と宿泊の場所でした。今日見たカウンターは、何度の変遷を経て、1960年から1970年代のスタイルで建てられました。重く厚いヒノキのカウンターは、時代の美学の実作を反映しています。そこにいることは、その時代の繁華と興盛にさかのぼるようであり、阿里山の初期ツアー中に多くのゲストの美しい思い出を呼び覚ます

6階―レトロカウンター展示エリア

台湾で唯一の築百年のヒノキのカウンターであるノスタルジックなホールでは、時空のトンネルに入り、1950年代の光景に戻り、かつてない斬新な体験を楽しめます。
登山鉄道模型の紹介
※ワイヤレスネットワーク(WIFI)の使用は無料です※

50年代のコーヒーショップ

日本統治時代のサロンやダンスホールでは、木場に滞在したVIPや政府関係者のみを接待しました。設計当初の状態は既に参考になるものはありません。1960年代に、最も人気のある上海の夜のスタイルで再建されました。暖色系の木材基調に、レトロなランプ、古い窓と古いレコードプレーヤーは、歳月を眺めるように、懐かしい思い出が隠されています。1950年代に入って、独特の優しい魅力を感じ、悠然たる美しい一刻は、感動的な音が聞こえてくる、まるで時光がゆっくりと流れています。

より詳しい情報
The 50s
To top
0px
Alishan House