周辺観光スポット

Let's Start

Attractions

阿里山周辺観光スポット

日の出

朝になると、空にあけぼのの光がさしてきた、朝陽は山頂から軽く飛び出し、まばゆい光が夜空を照らし、また新しい日の幕を開けました。地球の公転により、有名な阿里山日の出は、四季によって場所と時間が全て異なります。小笠原山展望台は、ここで日の出を楽しむのに最適な場所です。あなたは阿里山駅や沼平駅で祝山観日火車に乗れば、沼平公園観日歩道の階段登れば展望台に着きます。

雲海

秋と冬は雲海を見るのに最適な季節です。阿里山森林遊楽区で最高の観賞場所は、阿里山博物館横の展望台、阿里山ホテル、阿里山駅、沼平公園、小笠原山展望台と入り口の乗換駅付近。阿里山国道の途中の隙頂、頂石棹と自忠89.5Kまでなどの場所も一見の価値があります

夕焼け

慈雲寺、阿里山ホテル、阿里山駅、沼平公園、対高岳、小笠原山と入口の乗換駅付近、これら全て阿里山の夕焼けを眺める絶景スポットです。

森林

阿里山はもともと台湾で最大の3つの木場の1つでしたが、その後森林遊楽区遊楽区に発展しました。古木参天の林蔭の小道でフィトンチッドを吸収して鳥のさえずりを聞くことができます。毎年開花時期になると山全体が色とりどりの花でいっぱいです。阿里山の森林資源はさまざまな気候帯をカバーしています。平地のリュウガン、ビンロウ、アカシアの木、月桂樹などの熱帯植物から始まり、山を登れば、温暖林の孟宗竹、高山茶園、愛玉子の景色に変わります。さらに上に行くと温帯林に着き、日本柳杉、台湾ヒノキ、華山松、台湾杉、紅檜が見えます。

登山鉄道

阿里山森林鉄道は、国内外で有名な登山鉄道です。 以前は木材を輸送するために建てられましたが、今では森林観光列車になっています。 園内には3本の支線があり、国民が初めて建てた高山鉄道「祝山線」は、日の出を見るために祝山に行く観光客専用の路線です。
「眠月線」は観光用です、途中の美しい景色に加えて、終点には有名な石猿レクリエーションエリアもあります(現在921地震とモラク風災で被害を受けており、メンテナンス中のため営業しません)。
「神木線」が公園を横切り、そびえ立つ巨大な神木区に向かいます。当初から残っている25号、26号、31号の蒸気機関車は経験豊富な職人の素晴らしい技術によって修復され、既に運転を再開することができ、観光客は動体保存状態で見たり乗ったりすることができます。

神木遺跡

1914年、阿里山森林鉄道が全線開通し、その中の高くそびえる阿里山神木と通りを通る小さな森の火車の景色は、ほぼ阿里山の精神的なシンボルであり、台湾で有名なランドマークとなった。それぞれ1953、1954で雷に撃たれ、1997年に山岳地帯での豪雨によって、大量の水負荷と緩い土壌のため、7月1日支えが効かず割れました。1988年6月、香を奉献した後祈祷を行い、自然回帰するため神木を倒しました。

神怡滝

阿里山渓を渡って、雨の後、橋の下の荒れ狂う水は、一連の流水が小さな滝となり、まるで日本の美景。渓の側の古木参天は、その美しさは常に旅客の驚きとなります。第2期巨木グループの漫遊の開始点となります、桟道は約418メートルです。

慈雲景色を観賞

慈雲寺から神木までの最古の歩道で、夕方にその中を歩き、夕日に出会えばその美しい景色に勝るものはないです。慈雲寺は、阿里山で雲海、夕焼け、夕日を眺めるのに最適なスポットの1つです。 ここからは、阿里山の集落と塔山を眺めることができます、ここは慈雲寺から神木までの最初の歩道の始点でもります。

28号巨木

幹廻りは13.1メートル、高さは43.5メートルで、樹齢は約2000年、樹種は紅檜。 巨大な桟道のグループの中で、最も古くて最も高大の巨木です。

香林供橋

緑豊かな山々、緑の木々がまばらになり、アーチ橋下の流水、美しい山景色と澄んだ水、渓水を跨ぎます。 阿里山ワークステーションから受鎮宮に行く途中、渓水を跨ぐ、伝統的な石積み工法で造られたアーチ橋、深い山と緑の水に挟まれて、まるで日本にいるようでした。

水山巨木

森林鉄道水山支線の隣にあり、樹齢2700年で、現在は阿里山地区で最も高齢の樹木です。

小笠原山

標高2488メートルの新しい展望台が1995年11月に完成しました。この展望台では、日の出、日没、夕陽、色鮮やかな霞や星を楽しむことができます。標高2488メートルの山頂に360度の展望台が建ち、眺めが良く、山頂近くの歩道にキジの出没が見られます。

塔山奇岩

歩道は砂利道であり、一部の道路区間の桟道は米杉施工、観光客が木の根を踏みつけない、森を守るために地面から離れる方法を採用している。阿里山森林鑧路祝山線段の通過は、高架橋でその上を跨ぐ、森林火車が曲がりくねっている所を観賞できます。往路は上り坂、復路は下り坂で、往復は約4時間となります。塔山は地元原住民のツォウ族の神聖な山で、山の頂上の近くの岩は、岩の継ぎ目と明確な層、そして断崖絶壁のため、険しくそびえ立つ無数な岩を形成、奇跡な景色となります。

沼平駅

沼平駅はもともと1904年間建設され、火災に飲み込まれて再建された後、新しい駅は2013年4月に正式に開設されました。建物の外観は百年の歴史と文化の印象を取り入れ、塔山の断崖の自然の美しさ、沼平公園の桜の木々、桜の道、詩の歩道など自然な美景を眺めることができ、開放感と親密さを存分に発揮しています。この建築は「第十三回公共工程金賞」の名誉を獲得、阿里山森林遊楽区の新しい景観と特徴的な建物になりました。

沼平公園

阿里山の桜見スポットの中で最も広い場所です。公園の最高地点からは阿里山を一望できます。1967年に大火災が起き、火災により100戸以上の住宅と沼平商圏全体が焼かれました。その後、それは林務局によって改修され、並び沼平公園が計画されました。公園の桜見スポットの吉野桜は園内の他の場所ほど樹齢は高くはありませんが、でも、それは阿里山で最も桜密度の高い地域であり、公園全体の桜の総数は約600本です。

姉妹潭

潭を廻る原木歩道は、特別な養生工法で建てられ、使用される木材と地元の木材ではなく、すべて南陽材で、費用は1メートルあたり10,000元です。

樹霊塔

1935年に建てられた管理部門は、伐木されたヒノキの木材が既に過度であり、各樹木も既に500歳以上、万物に魂ありの理念を持ちす、この塔を建設しました。

三代木

初代のヒノキがいつ倒れたかは誰にもわかりません。その樹齢は約1500年です。初代が倒れた後、二代目は初代の幹の空洞を利用して、成長するため栄養分を吸収し発芽しました、何百年後、二代目は伐木の運命に直面し、三代目の種子は二代目の木から育ちました。このように枯れ果てた木から復活した森林成長現象は、現在の状態を形成しています。

慈雲寺

旧称は阿里山寺で、初めて建てたのは1919年、サイアム(現在のタイ)の釈迦牟尼仏を祀っています。1945年にその名を慈雲寺に改名されました。

巨木棧道

1.千歳檜を起点に、高架木桟道弓竹水滴状セメントベースの接地設計に基づく生態工学工法を採用した構築、神木遺跡を終点とします。

2.阿里山神木遺跡近くの神怡橋を起点に、沿線には21本の紅檜の巨木がその間に散在しており、その中で28号巨木の幹廻りは14.3メートル、遊楽区の巨木郡のナンバーワンとなります。その途中を散歩する観光客、その雄大な景色を眺めることによって全員は【樹木が大きいと美しい】と褒め称えます。

陞功碑

東京帝国大学の教授である【琴山河合】博士に、台湾の山岳地帯にあるすべての森林資源を調査する調査チームを指揮するよう依頼しました。

受鎮宮

1969年に改築された受鎮宮は公園で最大の寺院であり、玄天上帝、福徳正神と註生娘娘が崇拝されています。太陰暦の3月3日の前の一週、崇拝のために飛んでくる皇帝蛾が神像の上にとどまり、食べたり飛んだりせずに約1週間すると離れます。後に鑑定によるとそれはヨナグニサンとして確認されました。

香林神木

旧名は光武檜、慈雲寺と香林小学校に隣接し、阿里山1号巨木歩道に近接しています、樹種は紅檜、幹廻りは12.3メートル、高さは45メートル、樹齢は約2300年、標高2207メートル、 旧名が光武であるのは、神木が地に落ち着いた時はおよそ東満光武帝年間の頃だったと推定されているからです。

千歲檜

旧称万歳檜、阿里山香林神木の近くにあり、一対の二股の紅檜巨木です。樹齢は約2000年、樹高は35メートル、幹廻りは11メートル、標高は2215メートルです。千歳檜の起源は日本統治時代で、当時の林務官は、その樹木の形は両手を高く上げて万歳を叫ぶジェスチャーのように見え(日本語は歓声の意味)、それで万歳檜と命名しました。

桜王

櫻王。

舟の橋

この地区には動植物の生態種類が豊富にあり、更に多くの絶滅危惧種の保護種がその中多くいます、2つに分けて簡単な説明を行います。

1つは林相です、阿里山地区はかつて台湾で3つの最大の木場の1つでした。故に豊かな林相もその名声の主な理由です。この地区の主な林相は、標高2,000〜2.7,000メートルに分布し、 温帯の針葉樹林であり、この標高は【優勢な雲霧帯】に位置しているため、紅檜、コノテガシワ、台湾杉、杉栂の木、華山松などがメインとしての森林となります。特徴があるため、故に 【阿里山五木】と称しました。初期の伐木産業の繁栄により、檜の生産が豊富な阿里山地区は台湾で最大の3つの木場の1つになりました。現在林区に見られる紅檜と日本杉の森林は、1970年代に植えられて形成し、私達はそれを【人工林】と称します。

2つ目は動物です。阿里山地区の代表的な保護哺乳類には、台湾クロクマ、キョン、シベット、サンバーが含まれます。サンバーは台湾の亜種であり、台湾マーモセットは台湾特有種、その他の代表的な哺乳類動物はアカハラリスとシマリスですなどがあります。

鳥類-代表的な鳥類は、ミカドキジ、サンケイ、金翼白眉(Trochalopteron morrisonianum)、ミミジロチメドリ、青背山雀Parus monticolus、火冠戴菊鳥Regulus goodfellowi Ogilvie-Grant、アリサンヒタキ(Tarsiger johnstoniae)、紋翼晝眉Actinodura morrisoniana、カンムリチメドリYuhina brunneicepsなどがあります、中でも太字のイタリック体は台湾の特有種です。

両生類と爬虫類-代表的な両生類には、阿里山の山椒魚、カジカガエル、梭德氏赤蛙Rana sauteri Boulenge、スウィンホーハナサキガエルスOdorrana swinhoanaなど。

阿里山山椒魚は主に高い標高の針葉樹林の底の岩や渓流の下に生息し、氷河期の種であり、台湾の固有種保育種に属し、数は非常に少ないです。 また、カジカガエルは、台湾の保育種でもあります。

爬虫類には、阿里山タイワンハブ、タイワンアオハブ、スインホーキノボリトカゲなどが含まれます。その中で、阿里山タイワンハブは、台湾の固有の亜種の保育種に属します。広く分布していますが、数は多くありません。

二万坪

阿里山地域で最も古い伐木地域、阿里山の伐木の歴史はここから始まり、地形は平坦で約2万坪であることから[二万坪]という名前が付けられています。 ここに阿里山青年活動センターがあります。

十字路交差点

ツォウ族来吉部落が歩いた場所を特富野古道と呼び、後に阿里山森林鉄道がここで古道と交差するため、十字路交差点と名付けられました。

芙谷莪橋

地元の原住民ツォウ語[芙谷莪](語彙は、山ハイビスカス)にちなんで名付けられた鉄鋼構造のアーチ橋、今では夜の阿里山星空銀河を撮影する人気スポットです。

頂湖

阿里山地区の生態ツーリズムの重要な拠点であり、常に地元の農家が茶園の中で耕作しているのを見かけます。 ハイキングやウォーキングや散歩が好きな人に適しています。

迷糊歩道

元の名は「米洋渓」歩道、全長2.3キロメートル、天性楽観的で陽気なツォウ族原住民は、米湖ミフーの同音異義語で迷糊歩道と命名しました。

鹿林神木

鹿林神木は、新中横国道の嘉義―玉山線の88.8 kmの隣の森にあり、高さ43 m、直径6.4 mです。 樹齢は約2、700年です。話によると鹿林神木は非常に巨大のため、樹幹を横から見ると苔に覆ったような千年前の大きな石垣に見えます、雲にそびえ立っており、壮観です。しかし、近くはすべて断崖絶壁なので、観光客は「神木」の下の展望台からしか楽しめず、「神木」の一部しかカメラで撮影できず、木全体をレンズに入れることはできません。

かつて「鹿林神木」は急な崖の下で成長し、近くの歩道から数十メートルも下がっていたため、人々はその歩道に立ち、神木の頂上にある葉しか見ることができませんでした。そのため、昔はほとんど誰も気にせず、林務局が桟木道と展望台を造った後、この巨大な紅檜巨大木が初めて世の中の人々に見せることができました。

タタカ

タタカ遊楽区は玉山国家公園の最北入り口の場所にあり、エリア内の生態は豊かでハイキングコースがたくさんあります。有名な玉山登山口はこのエリアにあり、高い山が好きな人が登のに適しています。

玉山日の出観賞

阿里山地区の竹山日の出の選択に加えて、観覧場所は、阿里山と玉山の境目にある自忠あたりとなります。ここは、特富野古道の入り口でもあります。

夫妻樹

タタカ夫妻神木の又の名は夫妻樹、台湾で有名な神木の1つで、南投県信義郷台21県道の147.6 kmの場所にあり、タタカ山と東埔山の近く、玉山国家公園範囲の中に属しています。 玉山登山口に行く途中必ず通る場所です。夫妻樹は、二本の赤檜の枯れ木が一対となった神木の風景であり、その位置は道路の曲がり角にあるため、夫妻樹は特に人目を引きます。 枯れた木は1963年に形成されました。森林火災で枯死、また1996年に雷に撃たれ、昔の阿里山神木の風景に似ています。現在、夫妻樹は玉山国家公園で人気の観光スポットの1つです。

To top
0px
Alishan House